ほりこし商店の歴史

1912年:現社長堀越洋一の祖父が川越市小堤で創業。主に炭や練炭などの燃料を扱い屋号は「荷屋(にや)」

1948年:2代目正雄が第二次世界大戦後のソ連抑留から帰国し店に入る。その後、たばこ・酒・飲食品など扱い、正に「よろずや」業態になる。

1988年6月1日:有限会社堀越商店となる。

1995年:現社長が赴任先のサウジアラビアから湾岸戦争のために帰国し、入社。

2000年:坂戸市中小坂に店舗を移転し、業務用が中心の酒専門店に舵を切り、現在に至る。

ご挨拶

この度は、ほりこし商店のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。

私は、30代半ばで湾岸戦争に伴い帰国し、当時は生きるために遮二無二に仕事をしていました。ビールや灯油の配達です。その頃、日本酒を知り、驚き、興味を持ち、今後これでやっていこうと思いました。

もうすでに有名な地酒は蔵元へ交渉しても手に入りません。
しかし、まだまだ無名でも美味しい酒はたくさんありました。
210827_012
210827_001

店舗概要

有限会社 堀越商店

〒350-0206 埼玉県坂戸市中小坂866-13

TEL:049-283-9151

FAX:049-289-2616

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:定休日なし

酒門の会

酒門の会とは 最高の品質、最高の満足をお客様に提供する全国各地の地酒専門店有志とその趣旨に賛同する蔵元が一体となり1994年9月に設立した会

各地の素晴らしい日本酒、焼酎、ワインなど多くのお客様に飲んでいただきたい。

ほりこし商店では、お客様に合わせたお酒を選びます。旬のお酒から、ビンテージのお酒まで。お客様が楽しめるお酒の提供を常に目指します。

お酒の品揃えはもちろんの事、有名どころから、滅多に手に入らないレアなお酒まで、お酒のイロハを知っているほりこし商店だから、お客様に合うお酒が必ず見つかります。